新しいTERRAZINE

The new TERRAZINE

立ち上がれ、名もなき技術者たちよ

 「体制を崩壊させる」。問題視されているファイル交換ソフトWinny」(ウィニー)で、“お縄”になった東大大学院助手、金子勇容疑者(33)。最高学府で勤務する傍(かたわ)ら、トンデモ勘違いで夜な夜な200万人ユーザーを虜(とりこ)にする前代未聞のアングラ(地下)ソフトの発明に没頭していた。ドン・キホーテを気取り、著作権に真っ向勝負して敗北した天才技術者。その素顔は、とってもオタクな独身男だった−。
 「体制を崩壊させるには、著作権侵害を蔓延(まんえん)させるしかない」
 京都府警の調べに、イデオロギッシュな供述をしている金子容疑者が、ウィニー開発を開始したのは平成14年4月。前年11月には流行していたウィニーと同様のソフトが京都府警に摘発され、交換ソフトは「超危険」というイメージが定着していた最中だ。
 金子容疑者はネット上の巨大掲示板2ちゃんねる」で「ファイル共有ソフトつーのを作ってみるわ」と宣言。
 直後に「匿名性を実現できるファイル共有ソフトが出てきて、現在の著作権に関する概念を変えざるを得なくなる」「自分でその流れを後押ししてみよう」などと著作権への“挑戦状”を書き込み、「2日に一度の睡眠」(金子容疑者の書き込み)で翌月にウィニーを公開した。
 ユーザーは200万人近くに膨れ上がり、無料でウィニーを公開した金子容疑者はネット上で“神様”に。金子容疑者も人気に応えるかのごとく236回もウィニーの改良を重ねる。
 金子容疑者は栃木県出身。地元の名門・県立栃木高を卒業後、茨城大工学部情報工学科に進学。その後は同大大学院の博士課程まで進む。
 大学ではコンピューターで3Dの物体を動かすオブジェクト工学を習得。「アニメボディー」と題し、パソコン上でリアルなフィギュアの少女を動かしたり、着せ替えができるオタクっぽいソフトなど続々開発、“敏腕”ぶりを見せつける。
 11年4月からは日本原子力研究所の博士研究員として、コンピューター画面の研究に携わる。研究所関係者は「極めてマジメな勤務態度だった」と振り返る。
 12年11月にIT企業へ転職。トントン拍子で14年1月には東大大学院情報理工学系研究科の特任教員として採用され、院生のソフト開発指導にあたっていた。
 現在は東京都文京区根津のワンルームマンション5階一室(家賃約8万8000円)で一人暮らし。近所の住人は「おとなしそうな感じ。あいさつしても『ウン』と頭を下げるが、声を出さない。「おとなしそうな感じ。あいさつしても『ウン』と頭を下げるが、声を出さない。いつも私服で学生の延長という感じだった」で学生の延長という感じだった」と、ここでもオタクっぽさをにじませる。
 栄華を誇ったウィニーと金子容疑者の転落は昨年11月。2人のウィニーユーザーが逮捕され、金子容疑者宅にも家宅捜索が入ったのだ。
 「ノート(パソコン)だけでもいいから返してもらえないと仕事に支障がでるのですが、どんなもんなんでしょうか…」
 無反省の金子容疑者は府警へのメッセージを残してサイトを閉鎖したが、ノートどころか自分自身が家に帰れないトホホな結末となった。
 世を席巻したウィニー騒動。ネットジャーナリストの森一矢氏は「ウィニーが出たころから開発者は逮捕されると思っていた。ソフト開発はとても目立つ行為なのに、この兄ちゃんは防御線を張るどころか、来るなら来いと挑戦的だった」と金子容疑者の“態度”を疑問視する。
 また森氏はウィニーの今後について「鉄壁の要塞(ようさい)の中に100万人以上の人間が悪いことしていたわけだが、そのキーマンが捕まった。それによって(ユーザー)全員がいつ逮捕されてもおかしくない状態となった。今後も定期的に警察によって“いけにえ”が摘発されるだろう」と“壊滅”を予想している。
反吐がでそうな愚劣な文章だ。途中「ネットジャーナリストの森一矢氏」なる人物が登場するが、この記事自体を書いたのも彼本人と思われる。なぜなら夕刊フジにはこのような記事が書ける記者は他におらず、このような恥ずかしい文章も「裏インターネット事件簿」の彼以外に書けるはずがないからだ。
それはともかく、この記事を知った綾川亭日乗では、同じ技術者でもタイプの違う人として「ノーベル賞の田中さん」「青色発光ダイオードの中村さん」そして「Winny47氏」の話をしている。*1同様の連想が私にも浮かんでいた。三人ともタイプこそ違うが、「日が当たらない場所でコツコツとがんばってきた」人たちだ。
理系離れが危惧されて久しいが、その理由の一つとして社会の無理解があると思う。それはこの森一矢氏の記事を見ればよくわかる。「パソコン上でリアルな着せ替え可能なフィギュアの少女を動かす」ことがどんなにスゴイことか。それを全く理解しようともせず「オタクっぽい」なる言葉で貶める。「あいさつすると『ウン』と頭を下げ、会釈をする」人の、どこが「オタクっぽい」のだ? こういう人を日本語では「シャイな人」と表現すると思っていたが、森一矢氏の辞書では違うようだ。第一「防御線を張る」なんて日本語は初めて聞いた。おそらくは「予防線を張る」のことだろうが。「鉄壁の要塞(ようさい)の中に100万人以上の人間が悪いことしていた」?(ようさい)が読めないような読者層を想定しているわけだ。それに「中に」ではなく「中で」だ。推敲くらいしたらどうだ? 日本語が不自由な言語障害者に文章を書かせるなんて、夕刊フジはよほど大変なところと見える。こういったDQNが理系の人間を「オタクっぽい」という言葉でひとくくりにして馬鹿にしてきた。そのツケが現在のDQNはびこる日本を作り上げたのだ。

虐げられてきた「オタクっぽい」技術者たちが、立ち上がる時が来た

しかし時代は変わった。今や学会や論文なんて必要ない。我々には自分の考えを直接伝えることができるネットワークがある。文章なんかうまく書けなくったて、ものさえよければ誰かが解説文を書いてくれる。技術と知識を皆で共有し、ともに作り上げていく環境が今できつつあるのだ。技術者たちよ、自らがもつ技術の価値に自信をもち、立ち上がる時が来たのだ。「オタクっぽい」とか言いたいヤツらには言わせておけばいい。このネットワークには君たちを理解し、協力してくれる人間がきっといるはずだ。貴重な時間を、それを理解しようとすらしない者のために無駄にしてはならない。

釣られてみた

たかが夕刊フジに15分も使うなよ。時間の無駄遣いを実践してどうするよ。

*1:そこから「占星術」に話が行くところは、なんとも女性(?)らしい